Archives

ICS3.5/3.6 Manager software R1.1.0.0

Posted on 2019.03.23 in

ICS3.5/3.6マネージャーソフトウエアのアップデート版を公開します。 こちらのソフトでIDの設定や通信速度の変更、スピードやストレッチの変更などICS3.5、3.6対応サーボの各種設定を行っていただくことが出来ます。   The updated version of ICS 3.5/3.6 manager software is released. You can use this software to make various settings for the ICS 3.5, 3.6 compliant servo, such as changing the ID settings and communication speed, and changing the speed and stretch.   【R1.1.0.0の変更点】 ・選択式で日本語と英語を切り替えられるようになりました。 ・通信開始時にサーボのEEPROMデータを自動で読み込むようになりました。   [Changes of the R1.1.0.0] ・ You can now switch between Japanese and English in...

もっと見る

KHR-3HV 5 Servos Conversion Set Assembly Manual Ver.1.4 (English)

Posted on 2019.03.16 in

KHR-3HV 5 Servos Conversion Set Assembly Manual has released. This manual explains how to add 5 servos to the KHR-3HV using "5pcs Servos for KHR-3HV Conversion set Ver.2".    5servo_Conv_AssemblyManual_Ver_1_4_en.pdf     ...

もっと見る

RaspberryPi搭載用パーツ 3Dデータ(KXR用)

Posted on 2019.03.15 in

RaspberryPiをKXRのバックパックに搭載する際に最適なパーツの3Dデータを公開しました。このパーツは、『RaspberryPiとRCB-4との連携について』で使用したものと同じパーツです。 RaspberryPiを搭載するスペースと、RaspberryPi用のモバイルバッテリーを搭載するスペースが用意されています。 モバイルバッテリーは「cheero Canvas 3200mAh IoT機器対応(CHE-061 (CHE-061-IOT-WH))」に合わせて設計されていますので、お手元のバッテリーを搭載したい場合は、寸法を調整してご利用ください。 「CABLE-GUIDE-SAMPLE.stp」は、余ったケーブルをまとめるためのパーツです。 下記よりダウンロードしてご利用ください。    KXR_BP_RasPi-sample     ■関連記事  RCB-4 Library for Python ver.1.0.0B  弊社USBアダプタをLinuxで使うには(2019版)  RCB-4とRaspberryPiの接続方法  RaspberryPiとRCB-4との連携について  RCB-4 Library Arduino版...

もっと見る

KRS-6100シリーズ 寸法図

Posted on 2019.03.13 in

KRS-6100シリーズの寸法図を公開します。   【対応サーボ】 ・KRS-6104FHV ICS   ■3Dデータ  STEPファイル   ■寸法図  PDFファイル   DXFファイル   ※DXFファイルはzipファイルにてダウンロードされますので、解凍してご利用ください。 KRS-3300用に小径ホーンとフリーホーンをオプションラインナップします。寸法は同PDF,、またはこちらをご覧ください。   【利用規約】 ・このデータをダウンロードする前に、下記の利用規約をお読みください。ダウンロードした時点でこの利用規約に同意したものとします。 ・このデータの著作権は近藤科学に帰属します。無断で複製し、再配布することはできません。ただし、寸法図のキャプチャなど画像データとしてウェブに掲載することを禁止するものではありません。また、このページへのリンクは自由に行えます。 ・このデータは、本製品(寸法データの対象となる製品)を使用するためのフレーム・ブラケットなどサーボの搭載に関連する周辺パーツの作成などを理由に、個人利用、商用利用を問わず自由に利用できます。ただし、このデータを利用した本製品の複製、販売することを固く...

もっと見る

RCB-4でモーションとは別に個別にサーボを動かす方法

Posted on 2019.03.08 in

はじめに HeartToHeart4(以下HTH4)でモーションを作成しているとき、個別でサーボを動かしたい場合があります。例えば、モーションとは別に首に振ったり、腕を上げるなどです。 このような時に便利な機能が「ミキシング」です。今回は、ミキシングを利用してサーボを個別に動かす方法をご紹介します。   ミキシングについて 二足歩行ロボットでは、ジャイロ等で姿勢を安定させるために使用しているミキシングですが、内部では下記の処理が行われています。 サーボモータの動作角 =   ポジション(モーション等で設定する角度)  + トリム(トリム調整で設定している値)  + ミキシング1  + ミキシング2     ミキシングの値は、AD値や変数の値に設定した倍率(ゲイン)をかけた値です。  ミキシング = MIXソースの値(AD値や変数の値) × MIXの倍率 つまり、サーボモータの動作角は、モーション内のポジション以外にミキシング分を足し合わせた角度になります。  動作角 = ポジション + ミキシング(MIXソースの値 × MIXの倍率)   ジャイロのミキシングについて KHR-3HV等では、ジャイロセンサをもとにしてミキシン...

もっと見る