KRS-3304R2設定値不良のご案内

Posted on 2019.10.09 in ニュース

8月27日以降に出荷致しましたKRS-3304R2 ICSにて、サーボの初期値に間違いがあることがわかりました。下記に手順にて書き換えていただくか、弊社サービス部にお送りいただくことで初期値の書き換えが可能です。

ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

 

【対象商品】

・KRS-3304R2 ICS(単品/6個セット/18個セット)

 2019年2月以降にご購入いただいた商品

※KXR アドバンスセットA Ver.2にもKRS-3304R2が付属しておりますが、本セットに含まれているサーボは問題ございません。

 

【症状】

動作後、到達点で正常に停止せず、手前でゆっくり停止します。これは「ダンピング」パラメータが低いことで起こる現象です。

 

 

【ご自身で書き換える場合】

Dual USBアダプターHSとICS3.5/3.6マネージャソフトをご利用いただくことで書き換えが可能です。

 

■必要な製品

Dual USBアダプターHS

・以下の接続ケーブル

 KXRキット付属:シリアル延長ケーブル(1.5m)+ZH変換ケーブル

 サーボ付属:ZH接続ケーブルB

 ※ケーブルは上記2つの組み合わせのどちらかがございましたら作業ができます。

 

■ダウンロード

サーボマネージャ「ICS3.5/3.6 Manager software R1.1.0.0」

初期値データ

※初期値データは、ダウンロードしていただいたサーボマネージャのフォルダ内にも同様のものを同封しています。

 

■手順

1)Dual USBアダプターHSに、シリアル延長ケーブルとZH変換ケーブル、またはZH接続ケーブルBを接続し、サーボを接続します。ZH接続ケーブルBの場合は、直接USBアダプターに接続してください。

 

2)USBアダプター本体のスイッチを「ICS」モードにしてPCに接続します。PCへ接続後に、本体のLEDが赤く点灯していることを確認してください。

 

3)サーボマネージャを起動し、COM番号を選択してください。

(COM番号はPCにより異なります。COM番号の調べ方はマネージャ付属のマニュアルをご参照ください。)

 

4)通信速度の「Auto」を選択してください。「接続」ボタンが「切断」に自動で切り替わります。この状態でサーボとの通信が可能になります。

 

 

5)「ファイル」メニューの「開く」を選択すると初期値を選択するためのウィンドウが開きます。ウィンドウ内でダウンロードしたフォルダを指定してください。

(初期値データフォルダが圧縮されている場合は解凍してください)

 

6)「KRS-3304R2.sdt」を選択して「開く」ボタンを押してください。初期値がマネージャの各パラメータに反映されます。

 

以下がKRS-3304R2の初期値データが反映された状態です。

 

7)「書き込み」ボタンを押してください。書き込みが完了すると「EEPROM:書き換え成功」ダイアログが開きますので「OK」ボタンを押してください。

 

 

以上で初期値の書き込み作業は完了です。

 

2個目以降は、IDを取得してから「書き込み」ボタンを押してください。IDは、サーボを接続した状態で「Get」ボタンで取得することができます。

※各パラメータの数値は変更しないようにご注意ください。

 

 

【サービス部へお送りいただく場合】

8月27日以降にご購入いただいたサーボに関しましては、弊社サービス部にて無償対応させていただきます。下記の住所宛てに着払いにてお送りください。

送付先
〒116-0014
東京都 荒川区 東日暮里 4-17-7
近藤科学株式会社 サービス部
電話番号:03-3807‐7648

送り状伝票、またはメモ書きなどで「KRS-3304R2設計値不良」とご明記いただきますようお願い致します。

 

 

ご不明な点は弊社サービス部までご連絡いただきますようお願い致します。

電話番号:03-3807‐7648