03078
03078_1N03078_2N03078_4N03078_5N03078_6N

KCB-4WL

コード: 03078.

価格:¥36,000

ベータ版の販売は終了しました。

<セット内容>
 ●Lantronix PremierWaveEN ×1
 ●KCB-4WLインターフェイスボード ×1
 ●取り付け用ビス 一式
 ●ポールアンテナ 一式
 ●ZHクロスケーブルB ×1
 ●二又ケーブル ×1
 ●スタートリンクケーブル ×1
 ●ソフトウェアCD-ROM
 ●開発環境・サンプルプログラム付属

<スペック>
 ●CPU:ATMEL社製 32bit ARM9ベース 400MHz・OS:glibcベースLinux搭載
 ●RAM:64MByte
 ●Flash ROM:64MByte
 ●IEEE802.11a/b/g/n(54Mbps/11Mbps)対応
 ●UART x2
 ●I2C x3
 ●USB2.0 x2(Aタイプソケット)
  USBはホスト機能に対応しています。
 ●サイズ:59.5x46.5x17mm(ヘッダピン含む)

※マニュアルはこちらからダウンロードしてください。

商品説明

【Lantronix(R) PremierWaveEN搭載】

本製品はLantronix(R) PremierWaveEN搭載のロボット用シリアルポート付きコントローラーです。KHR-3HV搭載のコントロールボードRCB-4HVや、KHR-2HV/1HV搭載のRCB-3HVとの通信が可能な他、プログラムを組めばUARTよりお手持ちのマイコンボードとの通信も可能です。

【ロボットへ簡単にネットワーク機能を追加できます】

KCB-4WLには無線LANモジュールを搭載していますので、ネットワーク経由で外部と通信することが可能です。手持ちのPCからロボットに命令を送ることはもちろん、ロボットとPCを双方向に情報交換することでリモートブレインのように外部に頭脳を持たせる事が可能です。

【Linux OSがインストール済み】

ボードにインストールされているLinux OSを利用しプログラミングをすれば、ボードに実装されているUSBからの情報を得たり、ボード本体をロボットの頭脳として活用することもできます。WebカメラやUSBメモリ、GPSデバイスなど様々な機器を接続してオーナー独自のシステムを構築してください。

【UARTでシリアル通信】

KCB-4WLにはサーボ端子は実装されていませんが、COMポート経由でロボットに搭載されているコントロールボードRCBと通信することで、ロボットに動作の命令を送ることができます。頭脳はKCB-4WL、動作はRCBと切り分けることで制御を効率よく、シンプルに実行することができます。シリアル端子は標準のUART端子ですので、お手持ちのコントロールボードともシリアル通信できます。

【小型軽量なボードサイズ】

ボード本体は、ほぼ名刺サイズですので組み込みに最適です。

動画

関連するサポート情報

関連するQ & A情報