ニュース

【CIT Brains】 RoboCup Asia-Pacific2019 ヒューマノイドリーグ優勝

Posted on 2019.05.28 in ニュース

【CIT Brains】 RoboCup Asia-Pacific2019 ヒューマノイドリーグ優勝

5月16日~18日に天津で開催されたRoboCup Asia-Pacificのヒューマノイドリーグにて、弊社のB3Mサーボをご採用いただいているCIT Brains様が優勝しました! おめでとうございます!!     ■RoboCup Asia-Pacific(RCAP)天津大会 http://robocupap.org/index.php/tianjin2019/   ■ロボットの詳細は下記をご参照ください。 https://kondo-robot.com/archives/15775   ...

もっと見る

KHR 15thアニバーサリー開催のお知らせ

Posted on 2019.04.13 in ニュース

KHR 15thアニバーサリー開催のお知らせ

2004年にKHR-1が発売されてから今年で15周年になります。これまでご利用いただいたKONDOユーザーの皆様へ感謝の気持ちを込めて、8月25日に15thアニバーサリーイベントを開催します! さらに、KHR-3HVが2009年に発売されてから、なんと10周年!KHR-3HVにとっても記念すべき年となりました! もちろん、KRSサーボ、KXRシリーズのユーザーの皆様にもご参加できるカテゴリーをご用意しております! 15thアニバーサリーイベントにぜひご参加ください!   ■イベント概要 日にち:8月25日(日) 内容:クラス別バトルイベント     *詳細は後日発表! 会場:3331 Arts Chiyoda コミュニティスペース特設会場    〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11−14 イベントの詳細な内容は後日発表します。   ■初心者歓迎!ミニイベントを開催 5〜8月を15thアニバーサリー期間として初心者向けミニイベントを開催! 15thアニバーサリーを目指して、これから始める方、ロボットをお持ちの方、ホビーロボットに興味がある方のためのミニイベントを企画中です!作って、参加してさらに改造できる!ホビーロボットの奥深い世界をぜひご体感いた...

もっと見る

KRS-6104FHV 発売のお知らせ

Posted on 2019.03.12 in ニュース

KRS-6104FHV 発売のお知らせ

新商品『KRS-6104FHV ICS』の発売が決定しましたのでご案内します! 追記:本製品の出荷を開始しました!ご購入の際はお取扱店様へお問い合わせください。     ★★★発売記念キャンペーン★★★ KRS-6104FHV発売記念キャンペーンと致しまして、数量限定でアルミサーボホーン(Iカット型)をプレゼント! 数に限りがございますので、ご購入はお早めに! ※サーボ1つにつき1個のサーボホーン、ホーン止めビスをプレゼントします。 ※キャンペーンは、予定数に達し次第終了とさせていただきます。   KRS-6104FHV ICS <スペック>(11.1V時) ●最大トルク:70.0kgf・cm(暫定値) ●最高スピード:0.23s/60°(暫定値)  ●寸法:54.2 × 37.4 × 39.5 mm(突起部除く)  ●重量:113g(本体のみ)  ●最大動作角度:270°  ●最大消費電流:6.1A  ●ギヤ種類:特殊アルミギヤ            +ステンレスギヤ  ●ケース材質:アルミ(トップ、ミドル)         ガラス入り樹脂(ボトム)  ●ギヤ比:362.88:1  ●電源電圧:HV仕様(9V~12V)  ●通信規格:ICS3.6(シ...

もっと見る

RCB-4 Library for Pythonのβ版を公開しました!

Posted on 2019.02.20 in ニュース

RCB-4 Library for Pythonのβ版を公開しました!

RaspberryPiなどシングルボードを含むコンピュータから、RCB-4のモーションを再生するためのライブラリを公開しました。このライブラリを使用することで、KHR-3HVやKXRシリーズなどRCB-4を搭載したロボットを外部から手軽に制御できるようになります。 ロボットの制御はRCB-4、画像処理などを外部のコンピュータが担当することで、煩雑なサーボ制御を全てRCB-4に任せ、コンピュータの負担を少なくするメリットがあります。 さらに、HeartToHeart4のミキシング機能やループ機能に関連する便利な関数も多数ご用意しています。 このライブラリはPythonで書かれていますので、Pythonが動作する環境でご利用いただけます。 ※このライブラリはβ版です。環境によってはご利用いただけない場合があります。   ライブラリは下記の記事からダウンロードしてください。 『RCB-4 Library for Python ver.1.0.0B』   モーションの再生方法は二種類あります。 ・モーション番号を指定して再生する(MotionPlay) ・モーションに割り当てられたボタンデータで再生する(SetButton) 各関数を使い分けることによって、状況に応じた...

もっと見る

新型サーボのご案内

Posted on 2018.11.07 in ニュース

新型サーボのご案内

弊社は、2019年春にロボット用新型サーボを発売予定です。 まだ一部の情報となりますが、試作品の画像を公開します。 ご期待ください。 ...

もっと見る

「ZEONIC TECHNICS」プロジェクトが発表されました。

Posted on 2018.10.15 in ニュース

「ZEONIC TECHNICS」プロジェクトが発表されました。

  2018年10月16日より開催するCEATEC出展のバンダイナムコホールディングスにて「ZEONIC TECHNICS」プロジェクトが発表されます。 (株)バンダイナムコホールディングス(IoTタウン2018) 小間番号:S015-12   弊社のロボットに関する技術、ノウハウが高く評価され、本件にて弊社もプロジェクトに参画することが決定致しました。 本件のお問い合わせは株式会社バンダイ様宛にご連絡ください。 ...

もっと見る

KRSサーボの通信モードについて

Posted on 2018.07.30 in ニュース

KRSサーボの通信モードについて

  KRS-3300/3200シリーズの通信モードについて、表記に誤りがありましたので訂正致します。   誤:●初期設定:PWMモード 正:●初期設定:ノーマルモード(PWM/シリアル両対応)   対象サーボ:KRS-3301 / 3302 / 3304 / 3304R2 / 3204 ICS   お詫びして訂正申し上げます。   ■ICSの通信モードについて KRSサーボに採用している通信規格ICSの3.5/3.6で使用できる通信方式は「シリアル通信」と「PWM」ですが、選択できる機能としては「ノーマルモード」と「シリアル専用モード」の二つの通信モードがあります。   【ノーマルモード】 電源起動時の信号線のHigh/LowによってシリアルモードとPWMモードが切り替わります。  500msHighの場合   シリアル通信で制御するモードで起動します。各パラメータの変更もこのモードで行います。    500msLowの場合   PWMで制御するモードで起動します。   【シリアル専用モード】 電源起動時の状態に関係なくシリアル通信で制御するモードです。上記のノーマルモードでもシリアル通信は可能ですが、...

もっと見る

KXR-L4T-R カメ型・ローバー型 Ver.2発売のお知らせ

Posted on 2018.06.28 in ニュース

KXR-L4T-R カメ型・ローバー型 Ver.2発売のお知らせ

KXR-L4T-R カメ型・ローバー型がVer.2になってリニューアルします!   KXR-L4T-R カメ型・ローバー型 Ver.2(アカデミックパック) No.03156 オープン価格(参考価格:49,800円(税別)) ■出荷予定日:2018年7月5日(木)   【プログラミング学習に最適なArduino向けシールドが付属】 Ver.2のアカデミックパックには、「KXRプログラミング学習用シールドセット(Arduino用)」が付属します。このシールドを使用することでArduino Uno R3から弊社製シリアルサーボやロボットのコントロールボード(RCB-4mini)に直接命令を送ることができます。また、距離を計測できるPSDセンサも付属します。 Arduinoとの組み合わせを解説したマニュアルやサンプルプログラムも公開中です。 マニュアルでは、使用する機器の説明や搭載方法、各ソフトの準備から弊社シリアルサーボの制御方法、コントロールボードへのモーション再生命令など、ロボットを動かすための基礎的な項目をまとめました。 サンプルプログラムは、PSDセンサで周囲の距離の計測し、取得したデータを比較してソート、Switch文で再生するモーションを判別して自動で...

もっと見る

サーボ使用事例【CIT Brains様】

Posted on 2018.06.13 in ニュース

サーボ使用事例【CIT Brains様】

RoboCupにてすばらしい成績をおさめているCIT Brains様が、全身にB3Mサーボを使用した二足歩行ロボットを作成しましたのでご紹介します。   製作者:CIT Brains ロボット名:GankenKun   全身の関節にB3M-SC-1040-AとB3M-SC-1070-Aを組み合わせて使用しています。 ロボットのスペックは下記の通りです。   【スペック】 ・自由度:20自由度   ・開発期間:2016年~現在   ・サイズ:全長600mm程度   ・重量:4.0kg程度     2018年6月にカナダで開催されるRobo Cup世界大会への出場が決まっています。   Open Platform ロボットとして下記のページで情報が公開されていますのでぜひご参照ください。 CIT Brains様ウェブサイト『GankenKun』     ...

もっと見る

第7回ROBO-剣 結果報告

Posted on 2018.04.20 in ニュース

第7回ROBO-剣 結果報告

2018年4月14日に開催された第7回ROBO-剣の優勝者をご紹介します。   【第7回ROBO-剣 優勝】 ロボット名:逡巡 制作者:山口自動機械   山口自動機械さんは第一回ROBO-剣から参加されています。今回も完全自律のロボットで大会に参戦し見事優勝しました。無駄な動きが少なく、狙ったポイントに的確に攻撃をしかけて一本を奪う素晴らしい制御でした。 ロボット本体には、KRS-6003HV ×1、KRS-4034HV ×2と手先にKRS-3304 ×2が組み合わせて使用されています。 さらに、今大会では「画像処理テクニック賞」も受賞されています。 ロボットの詳細はこちらをご覧ください。   【ROBO-剣について】 (画像:決勝戦 逡巡VSヨッシー1号) ROBO-剣とは、アームロボットに竹刀を装着して剣道を行う大会です。赤い球を「面」、青い箇所を「胴」、黄色い箇所を「こて」とし、剣道に近いルールで戦います。基本的に自律制御での参加となっていますが、参加2回まで操縦も認められています。 回を重ねるごとに参加ロボットが進化し続け、剣道らしい攻防が見られるようになりました。今後の発展にぜひご注目ください。 ■ROBO-ONEオフィシャルサイト『第7回...

もっと見る

KXR アドバンスセットA Ver.2発売決定!

Posted on 2018.04.18 in ニュース

KXR アドバンスセットA Ver.2発売決定!

  『組換自由』をコンセプトに開発したKXRシリーズにVer.2の発売が決定しました。   商品名:KXR アドバンスセットA Ver.2   今回Ver.2として発売するセットは、全てのパーツがセットになっている「アドバンスセットA」です。Ver.1に比べてさらにパーツ点数が増えたことで、作成できるロボットの幅が広がりました。さらに、セットに採用している標準サーボがトルクアップ。ロボットの安定性が向上しました。付属のハイトルクサーボもICS3.6に対応になり、ロボット全身のサーボの現在値を取得できるようになりました。   【KXRプロモーションムービー】   Ver.2で進化したポイントは下記になります。   ■標準サーボがKRS-3302 ICSになりました。   KRS-3302 ICSは、Ver.1で標準サーボだったKRS-3301 ICSの後継機種です。 KRS-3302は、パワフルなモータを新規採用しました。この新モータは、構造も通常のものとは異なり、モータ管を断面を見ると正方形になっています。 従来の俵型モータは管に磁石が二か所接着されていますが、この正方形のモータ管は、四隅にそれぞれ磁石が接着されてい...

もっと見る

サーボ使用事例【ポリテクカレッジ浜松様】

Posted on 2018.03.22 in ニュース

サーボ使用事例【ポリテクカレッジ浜松様】

KRSサーボとICS変換基板を組み合わせたロボットをご紹介します。こちらのロボットは、GUGEN 2017の参加作品です。   制作者:ポリテクカレッジ浜松 電気エネルギー制御科 ロボット名;複合移動型ロボット「ぺたた」     下記は、制作者からご回答いただいたロボットの説明です。   ●ロボットのコンセプト  介助犬のような人を助け、癒しを与えるロボットをコンセプトに製作しました。最初は,工場内や建設現場・家の屋根裏,床下のように人が入りにくい狭小空間を調査・探索ができるロボットが求められていました。開発を進める中で、ただ働くだけではなくて、人と独自のコミュニケーションをして癒しの存在となるようなロボットを作りたいと考えるようになり展示会を通じて様々な意見を聞きながら構築していきました。 一方で移動手段でクローラ・多脚を併用を考え、悪路に対して新たな移動方法がないかを模索していきました。   ●特に工夫した点 クローラとの併用です。屋根裏等を調査するため大型化はできません。限られた大きさで構築するためにクローラの形を三角にし,クローラ内部に脚を設置しました。 主な機能は,以下の通りです。    1.クローラ、4脚を搭載した複合移動...

もっと見る