カメ型

距離センサーを搭載する

Posted on 2017.04.28 in カメ型, ヒューマノイド型

距離センサーを搭載する

KXRのセットには、PSD距離センサーや超音波センサー(受信部)を搭載するためのセンサーベースが付属しています。今回は、このセンサーベースの使用方法をご紹介します。   ■PSDセンサーとは 赤外線を使用した距離を計測するためのセンサーです。5Vを入力することでアナログ信号により距離を検知することができます。   ■必要なパーツ     ・PSDセンサー(No.03125) ×1   ・ZH⇔PHケーブル(200mm)(センサーに付属) ×1       以下は、キット付属品です。 ・センサーベースA ×1 ・ボトムアーム3300(20mm) ×1 ・2.6-4フラットヘッドビス ×3  ・M2.6-10BHビス ×1     ■搭載方法 今回はKXR-L4T カメ型ロボットの頭部に取り付けます。   1)センサーベースAに2.6-4フラットヘッドビスでPSDセンサーを固定します。   2)さらに、ボトムアーム3300(20mm)を2.6-4フラットヘッドビスで固定します。   3)頭部のダミー...

もっと見る

無線コントローラーを搭載する

Posted on 2017.04.05 in カメ型, ヒューマノイド型

無線コントローラーを搭載する

KXRシリーズの各キットに受信機KRR-5FHを搭載することで、KRC-5FHを使用した無線コントロールができるようになります。今回は、KRR-5FHの搭載と設定についてご紹介します。   こちらの内容は、以下のPDFでもご覧いただけます。  KXR_OptionManual_KRR-5FH(V1)   ■必要な製品   ■KRC-5FH 送信機と受信機がセットになっています。必要なケーブルもこちらに含まれていますので追加は必要ありません。     ■KRR-5FH(受信機のみ)  すでに送信機をお持ちの場合は、受信機KRR-5FHのみご用意ください。   ※2017.3.27 3月27日出荷分より、ZH接続ケーブル2(60mm)が付属になりました。   ■搭載方法 バックパック内の右側にKRR-5FHがちょうど収まる搭載スペースがあります。こちらにM2-6ビスで固定します。ビスは、KXRの組み立てで余ったビスを使用します。   1)KRS-5FHを搭載スペースにM2-6で固定してください。4点固定します。   2)付属のZH接続ケーブル...

もっと見る

組立ポイント セレーションとニュートラル

Posted on 2017.02.09 in カメ型, ヒューマノイド型

組立ポイント セレーションとニュートラル

今回の組立ポイントは、サーボのセレーションとニュートラルについてご紹介します。組みあがったロボットが正常に動作するためは、サーボとパーツが正しく接続されている必要があります。非常に重要なポイントですのでぜひご一読ください!

■ニュートラルとは
■セレーションへのパーツの取り付け
■組み立て途中でニュートラルがずれてしまったら

もっと見る

組立ポイント ビス止めと工具

Posted on 2017.02.03 in カメ型, ヒューマノイド型

組立ポイント ビス止めと工具

今回の組み立てポイントは、ビス止めと組み立てに必要な工具についてご紹介します。

■ビスの種類
■ドライバーの種類
■ビス止めについて
■必要な工具

もっと見る

組立ポイント ジョイントベース

Posted on 2017.01.31 in カメ型, ヒューマノイド型

組立ポイント ジョイントベース

今回から、数回に分けてKXRの組み立てのポイントをご紹介します。
初回は、ジョイントベースとナットです!
ヒューマノイド型のみならずカメ型など他のキットも同じパーツを使用していますので、ぜひ参考にしてください。

■ジョイントベースにナットを取り付ける
■M2.6ナット部を切る場合
■M2ナット部を切る場合

もっと見る