KHR-3HVのサーボモータ交換方法を教えて下さい。

Posted on 2013.11.09 in

 

KHR-3HVでサーボモータが故障し新品と交換する場合は下記の作業をおこなう必要があります。

 1、故障したサーボを取り外す
 2、新品のサーボにID設定、通信速度設定、原点設定をおこなう
 3、元通りに取り付けをおこなう


【具体的な作業方法】

1、故障したサーボを取り外す
 組立説明書をさかのぼりながら確認し、作業を進めて下さい。


2、新品のサーボにID設定、通信速度設定、原点設定をおこなう
 サーボモーターの種類によって方法が異なります。

■KRS-2552RHV(KHR-3HV Ver.2。ICS3.5)
KHR-3HV Ver2に付属しているDual USBアダプターHS(ICSモード:LED赤)とICS3.5 マネージャーソフトウエアを使用します。
ID、通信速度(出荷時状態は115200Kbps)を設定し、書込をして下さい。

ICS35SM

1、COMを設定
2、通信速度Autoを選択(自動で通信速度が選択され接続し、IDが表示されます。)
3、設定したいID番号を選択
4、ID「書込」ボタンを押す
5、動作スライドバーを動かし、サーボが動くかチェックする
6、原点位置(7500)に合わせる

ソフトウェアの詳しい操作方法は付属のマニュアルをご覧ください。

 

3、元通りに取り付けをおこなう
 原点を出した状態で組立説明書と同じ方法で組立ていきます。
 配線を整えたら電源を入れます。
 もし、トリムがズレている場合にはトリム調整をおこなって下さい。

 

 


■KRS-2552HV(KHR-3HV Ver.2でないもの。ICS3.0)

 IDの書換方法はこちらの記事もご参照ください。


【IDW-01というICS3.0対応のソフトウェアを使う】
こちらよりダウンロードできます。
ソフトウェアの使用方法はダウンロードしたフォルダ内にある、IDWユーティリティーマニュアルV1.1.pdfをご覧ください。

IDW

ID、通信速度(出荷時状態は115200Kbps)を書き込みます。write
その後スライドバーを動かし、サーボが動くことを確認してから原点に合わせます。

 

 

【ICS3.0対応のシリアルマネージャーを使う】
このソフトウェアを使用するときには、ICS USBアダプターHSまたはDual USBアダプターHSが必要です。こちらよりダウンロードできます。
ソフトウェアの使用方法はダウンロードしたフォルダ内にあるマニュアルをご覧ください。

SM4

1、COMを設定
2、what numberを選択(自動で通信速度、IDが表示されます。)
3、設定したいID番号、通信速度を選択
4、ID「書込」ボタンを押す
5、MOVEスライドバーを動かし、サーボが動くかチェックする
6、原点位置(7500)に合わせる

 

KHR-3HV Ver.2 リフェバッテリー付きセットの詳細をみる KHR-3HV Ver.2の詳細をみる KRS-2552RHV ICSの詳細をみる