マルチコントローラーMC-8 発売!

Posted on 2019.08.28 in ニュース

新商品のマルチコントローラ『MC-8』をご紹介します!

MC-8とオプション関連は、2019年8月下旬出荷開始です。

 

●MC-8とは

MC-8は、PWM信号で制御する機器を8チャンネル制御できるマルチコントローラです。PWM信号で制御するサーボやスピードコントローラを接続することができますので、RCカーの操縦は元より、工作セットや自作ロボットなど、多彩なマシンを無線コントロールすることができます。

操縦方法は、スティック操作が4チャンネル、ボタン操作が4チャンネルです。

 

MC-8専用の受信機MR-8と組み合わせてご利用できます。

 

【商品ページ】

MC-8 2.4GHz MX-F 送受信機セット(MR-8付属)

MR-8 2.4GHz MX-F(受信機のみ)

 

【ご注意ください】
本製品は、RCBシリーズを搭載したロボットには対応していません。KHR-3HV、KXRシリーズなどロボットキットにはご利用いただけませんのでご注意ください。

ロボットキットには、KRC-5FHをご利用ください。

 

 

●スピードコントローラMD-1

 

130サーズから370サイズのDCモータに対応するスピードコントローラです。モータドライバ回路に加えマイコンが実装されていますので、RC用サーボと同じPWM信号で、前進、ブレーキ、バックの制御が可能です。

MD-1は、操作方法の違いで2種類あります。

RCカーESC仕様

一般的なRCカーを操縦するように、スティックをバック方向に倒すとブレーキ、一度ニュートラルに戻してもう一度バック方向に倒すと後進します。

 

ニュートラルブレーキ仕様

こちらはシンプルな操作方法で、スティックを前進方向に倒すと前進、バック方向に倒すと後進、スティックをニュートラル位置(中心)に戻すとブレーキがかかります。

 

ニュートラルブレーキ仕様は、マイコンからの制御にもお勧めです!サポート記事をご用意しましたのでこちらを参照してください。

『MD-1をマイコンボードで使用する』

 

【使用例】

タミヤ社の工作シリーズを無線化。ギヤボックスの130サイズモータにスピードコントローラMD-1を接続し、MC-8のスティックで無線コントロールできるようにしました。

この他にも、MD-1を利用すれば130~370サイズのモータに接続して簡単にMC-8で操縦することが可能になります!

 

受信器MR-8の電源は、「電源ユニット」がお勧めです!単四電池4本の電池ボックスにスイッチ付きのケーブルが装着済みです。

 

●MAKEセットA

マルチコントローラMC-8とスピードコントローラMD-1がセットになったお得な商品もラインアップしています。電源ユニットも付属しますので、このセットだけでDCモータ2個を搭載したロボットを無線コントロールすることができます!

MC-8 2.4GHz MX-F MAKEセットA(MD-1NB ×2個付属)