KXRシリーズにArduino UNOを搭載する

Posted on 2017.09.20 in KXRサポートブログ

03143_6

KXR用オプションボード搭載セットAを使用することで、KXRのバックパックにArduino UNOを搭載することが可能です。

今回は、KXR-A5 アーム型を例に搭載方法をご紹介します。

 

■使用する製品

03143

KXR用オプションボード搭載セットA ×1

Arudino UNOをKXRシリーズのバックパックに搭載するための板金と、ビス、ケーブルのセットです。ICS変換基板、シールドも一式付属しますのでArduino UNOをご用意いただければすぐに開発を始められます。

※ICS変換基板、シールドははんだ付けが必要です。詳細は下記の記事をご参照ください。

  ■サポート情報『ICS変換基板の使用方法(1) 準備編』

 

本製品の他に下記をご用意ください。

・KXR-A5 アーム型(使用例)

・Arduino UNO

・PC(Arduinoが動作可能な環境)

・USBケーブル(PCとArduinoの接続用)

※ACアダプター、スイッチハーネスなどはKXR-A5に付属しているものを使用します。

 

■搭載方法

1)バックパックに2.6-4ビスで板金を固定します。

OPB_A5_1_2 Exif_JPEG_PICTURE

 

2)Arduino UNOをスペーサーを挟んでM2.6-8ビスで板金に固定します。

OPB_A5_3_2 Exif_JPEG_PICTURE

 

3)Arduino UNOにシールドとICS変換基板を接続します。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

※写真は各基板にピンヘッダーを半田付けした状態です

 

4)バックパックの開閉を固定している2.6-4ビスを外し、バックパックを開きます。

Exif_JPEG_PICTURE

 

5)RCB-4miniに接続されている電源端子を外し、電源延長コードを接続します。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

 

6)電源延長コードの反対側は、ICS変換基板の電源端子に接続します。電源延長コードはバックパックのヒンジの隙間から外に出します。

Exif_JPEG_PICTURE

 

7)アーム本体のID1に接続されているケーブルを外し、代わりにZH接続ケーブルB(200mm)を接続します。RCB-4mini側も取り外してください。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

 

6)ID1のZH接続ケーブルBをICS変換基板の端子に接続します。コネクタの爪がある方を電源端子側に向けてください。

※極性を間違えるとサーボが破損する可能性がありますので接続方向には十分ご注意ください。

OPB_A5_13_2

  

7)最後にバックパックの開閉を2.6-4ビスで固定して完了です!

Exif_JPEG_PICTURE

 

完成するとこのようになります。

03143_9

 

バックパックを寝かせて固定しているカメ型、ローバー型などは同じように固定することが可能です。Arduinoを簡単に固定でき、電源スイッチも共用で使えますので開発が楽になります。

ぜひお試しください!

 

【付録】

ICS Library for Arduino

ArduinoにてKRSサーボを使用するためのライブラリです。

 

ICS変換基板の使用方法(1) 準備編 

ICS変換基板の使用方法(2) サーボ制御編

ICS変換基板の使用方法(3) 無線コントロール編

ICS変換基板のご利用方法を解説しています。