KRS-2572_re

KRS-2572HV ICS

コード: 03087.

価格:オープン

■6個セット:No.03088 オープン

<スペック>(11.1V時)
 ●最大トルク:25.0kgf・cm
 ●最高スピード:0.13s/60°

 ●寸法:41×21×30.5mm
   (突起部除く・KRS-2552RHVと同じ)
 ●重量:47.7g
 ●最大動作角度:270°
 ●最大消費電流:2.5A
 ●ギヤ種類:全段メタルギヤ
 ●ケース材質:ガラス入り樹脂
 ●ギヤ比:309.11:1
 ●電源電圧:HV仕様(9V~12V)

 ●通信規格:ICS3.5(シリアル/PWM選択式)
 ●通信速度:115200/625000/1250000bps
 ●初期設定:ID0/BR115200
 ●信号レベル:TTL
 ●回転モード:可

<対応コントロールボード>
 ●RCB-4HV
 ●RCB-3HV
 ●KCB-5
 ※以下PWM限定
 ●RCB-3J

<インターフェース>
 ●Dual USBアダプターHS
 ●ICS USBアダプターHS

<付属品>

【単品】 
 ZH接続ケーブルA (300mm)×1本
 ZH接続ケーブルB (300mm)×1本
 M3×8 低頭ホーン止めビス  ×1本

【6個セット】
 ZH接続ケーブルA(300mm)×6本
 ZH接続ケーブルB(300mm)×6本
 M3×8 低頭ホーン止めビス  ×6本

2016年8月より付属品が変更になりました。

 

Made in Japan

商品説明

KRS-2572HV ICSは、ロボット標準サーボのKRS-2552RHVをハイパワー化させたサーボです。新型のコアレスモータを採用し、コンパクトでありながら最大トルク25.0kgf・cmを出力します。ギヤも特殊アルミギヤに変更し、従来よりさらに耐久性が増しました。

■ギヤ:特殊アルミギヤ
強度が非常に高く軽量な特殊アルミギヤを標準装備。出力軸をベアリング支持し安定性も向上。


■ケース:KRS-2500シリーズ
コンパクトなKRS-2500シリーズのケース。ロボットのシルエットをすっきりとまとめることができます。
また、表面に凹凸が少ないためフレームの設計も簡単になりました。

コネクタは、ボトムケース側に2個装備しています。

【おすすめポイント!】
KRS-2552/2542と同寸法ですので、、ロボットのパーツを取り換えることなく無加工で交換することが可能です。特にKHR-3HVの足サーボを交換すれば安定性が向上しますのでおすすめです。

■通信仕様:ICS3.5
通信には、シリアルとPWMを選択できるICS3.5を採用。
制御するマイコンボードに合わせてサーボの通信を変更することが可能です。
また、シリアルモードではサーボにIDを割り振ることができますので、サーボ同士をつなげるマルチドロップ接続が可能。
本体には通信状態表示用のLEDを実装しました。

▼テクニカルガイド『ICS3.5解説』

 

<セット内容変更のご案内>
KRS-2572HVのセット内容が変更になりました。単品は、ZH接続ケーブルB(300mm)に加え、ZH接続ケーブルA(300mm)も付属します。

また、6個セットは単品販売のケーブルが6セットずつ付属致しますので、従来より付属する本数が増えてお得になります。

 

 

■制御方法

●コントロールボードRCB-4HVから制御する

03030_3.jpg

RCB-4HVとモーション作成ソフトHeartToHeart4を組み合わせて簡単にサーボを制御することができます。RCB-4HVは、2系統のサーボなどICSデバイス用を制御する端子を装備し、アナログセンサー用の端子を10ポート、デジタルI/O端子を10ポート用意しています。

HeartToHeart4は、様々な機能を持つコントロール(パネル)を並べることでモーション作りが可能です。簡単な「あいさつ」などのモーション作成から、センサーや無線コントローラのボタンによる分岐など複雑なモーションも作成可能です。

 

サーボは、それぞれにID番号を割り振り、デイジーチェーン接続によりデバイス同士を接続して通信します。

【必要な製品】

RCB-4HV
Dual USBアダプターHS
HV電源スイッチハーネス

RCB-4miniには対応していません。

 

 

●PCから制御する

02116

Dual USBアダプターHSを使用することで、PCから直接サーボを制御することができます。公開されているソフトウェアマニュアル(コマンドリファレンス)をもとにコマンドを送信します。通信方法やサンプルも公開されていますので、詳細は下記の記事をご覧ください。

 『シリアルサーボ制御方法(4) PCから直接制御編(その1)』
 『シリアルサーボ制御方法(5) PCから直接制御編(その2)』

 

【必要な製品】

Dual USBアダプターHS

(USBアダプター同梱のケーブルでPCと接続可能です)

 

 

●市販のマイコンボード、小型PCボードから制御する

03121_1

市販ボードのUART端子からサーボなどICSデバイスを制御することができます。ICSデバイスは、信号線のTx(送信)とRx(受信)が一体になっていますので、UARTに接続する場合は別途回路が必要でしたが、この変換基板を使用することで端子の接続のみ行えばICSデバイスとの通信ができるようになります。通信方法、コマンドについてはソフトウェアマニュアル(コマンドリファレンス)をご参照ください。

 『シリアルサーボ制御方法(2) ICS編』
 『シリアルサーボ制御方法(3) ソフト編』

 

【必要な製品】

ICS変換基板
HV電源スイッチハーネス

※Arduino UNOで使用する場合
ICS変換基板シールド ×1

03126_1

 Arduino用のライブラリを公開しました。下記よりダウンロードしてご利用ください。

 『ICS Library for Arduino』

 

●シリアルマネージャー

ICS3.5 マネージャーソフトウエアを使用することで、サーボのIDや通信速度を設定することができます。また、ストレッチやスピードなど各種パラメータの変更も可能です。

ICS3_5_SerialManager

 『ICS3.5 マネージャーソフトウエアR1.0.0.3』

 

 

■電源

HVサーボには、3セル(9.9V)のリチウムフェライトバッテリーをご利用ください。

02171 02172 02174

【対応バッテリー】

ROBOパワーセル F3-850タイプ (Li-Fe)

ROBOパワーセル F3-1450タイプ (Li-Fe)

ROBOパワーセル F3-2100タイプ (Li-Fe)

※バッテリーの取り扱いには注意が必要です。こちらの注意事項をよくお読みになってからご利用ください。

 

【充電器】

51202

リフェバッテリー専用充電器BX-20LF 

 

【ACアダプター】

アームロボットなど数個のサーボでしたら以下のACアダプターをご利用いただけます。ご利用の際は電流の容量にご注意ください。

03140

ACアダプター(12V5A)

関連するオプション

関連するサポート情報

テクニカルガイド

2014.09.22  KHR-3HV KRS-2572HVへの換装レポート 2009.10.16  アルミフリーホーン2500A(PCDφ14-M2-オフセット0)使用事例 2009.09.19  KRS-2552HVへのフリーホーン装着時のご注意。

ICS・KRSサーボ開発資料

2016.08.20  ICS3.5 / 3.6ソフトウェアマニュアル(コマンドリファレンス) 2015.09.04  KRSサーボ(ICS)初期値 2015.08.17  ICS3.5ソフトウェアマニュアル(コマンドリファレンス) 2013.07.22  ICS3.5 マネージャーソフトウエアR1.0.0.3 2010.11.30  ICS3.5/3.6 解説 2010.09.29  シリアルサーボ制御方法(5) PCから直接制御編(その2) 2010.09.17  シリアルサーボ制御方法(4) PCから直接制御編(その1) 2010.09.10  シリアルサーボ制御方法(3) ソフト編 2010.09.06  シリアルサーボ制御方法(2) ICS編 2010.08.30  シリアルサーボ制御方法(1) 回路編 2010.05.21  ICS3.5 コマンドリファレンス

寸法図

2009.09.18  KRS-2500シリーズ 寸法図

製品マニュアル

2016.08.20  ICS3.5 / 3.6ソフトウェアマニュアル(コマンドリファレンス) 2015.08.17  KRSサーボシリーズ総合マニュアル

ソフトウェア・サンプル

2015.09.04  KRSサーボ(ICS)初期値 2013.07.22  ICS3.5 マネージャーソフトウエアR1.0.0.3