KHR-3HV Ver.3 リフェバッテリー付きセット

コード: 03210.

価格:オープン

発売中

<キット内容>
 ・軽量アルミ合金フレーム
    (アルマイト処理済み)
 ・強化樹脂型サーボアーム
 ・コントロールボードRCB-4HV
 ・サーボモーター
     KRS-2552R2HV ICS ×17
 ・ROBOパワーセル F3-850タイプ(Li-Fe)
 ・充電器BX-20LF
 ・Dual USB アダプターHS
 ・ブラックサーボリード
 ・その他パーツ

<ソフトウェア動作環境>
 ・対応OS/Windows 8.1 10 
 ※使用する.NETのシステム要件を満たすこと。
 ・USBポート(1.1/2.0)

<完成時サイズ>
 401.05(H)×194.4(w)×129(D) mm

<重量> 
 約1500g

 

【ダウンロード資料】
組立説明書、各種ソフトウェアはこちらからダウンロードしてご利用ください。

 

Made in Japan

商品説明

【しっかりとした安定歩行】

KHR-3HVの関節に使用しているロボットのために開発されたKRS-2552R2HVサーボモータは、全段に金属ギヤを採用し、ハイパワーなモータを搭載することで高剛性、高精度な動作を実現しました。そのため、二足歩行ロボットでありながら転倒しにくい、しっかりとした安定歩行が可能です。

 

 

【組み立てやすいキット内容】

KHRの組み立てに特殊な工具や技術は一切必要ありません。ドライバーによるねじ止め作業だけでほとんどの作業が完了します。慣れている人でしたら1日、通常は2~3日で組み上げることが可能です。親切な組立説明書も付属します。

 

【扱いやすい専用のソフトが付属】

KHRのプログラミングに専門知識は不要です。多彩な機能を持つパネルを並べていくだけで簡単にモーション作りができます。ほとんどの作業はマウス操作だけです。さらに「教示機能」を活用すれば、直接ポーズを取ってモーションをプログラムすることもできます。

 

【シンプルなセット内容】

KHR-3HVは、最小限に必要なものだけがパッケージされています。それは、ロボットの使い方は人それぞれ違いますので、余計な費用を負担することなく、多様な要望に応えられるようにという考えがあるからです。豊富なオプションラインナップから、KHRオーナー独自のセットを選んでください。

【用途に応えるオプションラインナップ】

無線機器や、ジャイロセンサー、加速度センサーなどのセンサー類、各種フレームなど、KHRにはユーザーの用途に合わせたオプションが用意されています。

 

【豊富なサンプルモーション】

キットには多数のサンプルモーションが付属しますので、前進、後進などの基本動作はもちろん、シュートやパンチ、あいさつや逆立ちなど多彩な動きをすぐに実現できます。以下の動画にあるモーションは、全て配布しているサンプルモーションを再生しています。

 

bigner_btn

※動画のロボットは、キット標準状態にジャイロセンサKRG-4を搭載しています。 

 

【パワフルなリフェバッテリー】

 

リフェバッテリーは、従来のニッケル水素バッテリーに比べて放電容量が高く、ロボットをより安定的に動作させることができます。
KHR-3HV標準の17軸でも効果がありますし、22軸以上に増やしたりKRS-2572R2HVなど高トルクなサーボに交換してもふらつきにくくなります。

リフェバッテリーに関しましては以下の記事をご覧ください。

■サポートページ『Li-Feバッテリーのメリットと注意事項

 

<Ver.3への変更点>

【サーボが進化しました!】

従来のKHR-3HVではICS3.5のサーボモーターを使用していましたが Ver.3よりICS3.6対応のKRS-2552R2HVに変更になりました。 ICS3.6では、現在値を取得するためのコマンドが追加されています。
ICS3.5の詳しい機能はこちらのサポートページ『ICS3.6と3.5の違いと新機能についての紹介』をご覧下さい。

サーボ通信速度初期値:115200bps

※RCB-4HVとHeartToHeart4の組み合わせでは現在値を取得することはできません。現在値を取得する場合は、Arduinoなど別途マイコンボードによりプログラミングする必要があります。

 

【ライトグレーのパーツがダークグレーに変更になりました】

Ver.2まではライトグレーのパーツが付属していましたが、よりスタイリッシュなダークグレーに変更。ロボットが引き締まった印象になりました。

 

【柔らかくて丈夫なブラックサーボリードに変更】

新規にブラックサーボリードを採用。柔らかい素材になりましたので、ロボットの稼働を邪魔しにくく、繰り返し動作による断線が起こりにくくなりました。

 

 

<キットの内容とオプションの搭載>

 

■キット内容でできること

KHR-3HVのセット内容は、ロボット本体のみのシンプルな構成です。キットの状態では、付属のUSBアダプターを使用して有線でPCと通信します。PCにインストールされた専用ソフトHeartToHeart4を使用することで、ロボットのメンテナンスから、モーションの作成と登録、再生まですべて行うことができます。

 

■おすすめオプション(別売り)

このキットにオプションのセンサーやユニットを追加することで、無線操縦や歩行の自動補正などを行うことができます。

 

無線送信機:KRC-5FH (1セット)

手元のコントローラーでボタン操作によるロボットの無線操縦が可能になります。セットには受信機が付属していますので、こちらのセットのみで無線化に対応します。

搭載方法はこちらをご覧ください。

 

・ジャイロセンサー:KRG-4 (2セット)

ロボットの姿勢を検知し、歩行を自動補正するためのセンサーです。このジャイロセンサーは一軸のみ検知するセンサーですので前後方向と左右方向用に2個使用します。

搭載方法はこちらをご覧ください。

 

・加速度センサー:RAS-3 Aセット(ZH⇔サーボコネクタ付属) (1セット)

ロボットが転倒した際に、仰向けかうつ伏せかを検知し、起き上がりモーションを自動で判断することができます。こちらは3軸検知できますので、1個搭載します。

搭載方法はこちらをご覧ください。

 

KHR-3HV拡張用サーボ5個セット Ver.3

KHR-3HV Ver.3で使用しているKRS-2552R2HVバージョンの 拡張用サーボ5個セットです。 KHR-3HVに組み込むことで、ロボットの関節の数を標準の17軸から 22軸へ変更することができます。

 

KHR-3HV開脚フレームセット

KHR-3HVの股関節の可動範囲を大幅に広げる為のフレームセットです。
キットの腰部を本製品と交換するだけで180°以上の開脚が可能になります。

関連するオプション

関連するサポート情報